平野病院へようこそ



トップページ 病院紹介 診察内容 医師紹介 アクセス お問い合わせ
 

  医療機器一覧

1)経鼻的胃内視鏡(胃カメラ)・大腸内視鏡(大腸ファイバー)
 内視鏡検査は消化管精密検査としては最も優れた方法です。 従来の経口的胃内視鏡と違い、経鼻的胃内視鏡はほとんど吐き気や苦痛を感じずに検査できます。 また当院では苦痛のない内視鏡検査を目指し、大腸内視鏡検査には麻酔の使用を行っています。 胃癌も大腸癌も早期発見が大事です。 内視鏡についてもっと詳しく

2)腹部・頚動脈超音波装置(エコー検査)
 お腹(肝臓や膵臓、腎臓など)を調べることでがんなどの早期発見を行います。また首の動脈の血流を調べることで動脈硬化を判定します。

3)血圧脈波検査装置(血管年齢測定)
 動脈硬化を調べる機械で、血管の硬さと足の動脈の血流を測定します。 高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙などの動脈硬化の危険因子を持っている方は一度検査を。 同時に心電図も測定します。検査結果

4)体組成測定装置(体脂肪・内臓脂肪測定)
 メタボリックシンドロームなどの生活習慣病に関係の深い内臓脂肪の測定に有効な機械です。 お腹周りの気になる方や最近体重が増えた方など一度お試しください。 終了後には今後の生活に対する指導を行います検査結果

5)超音波骨密度測定装置(骨粗鬆症検査)
 骨粗鬆症は骨の量が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気で、寝たきりや痴呆の原因となります。 骨粗鬆症の原因として、加齢、閉経、運動不足、喫煙や遺伝などがあります。 踵の骨に超音波を当てて、超音波が骨の中を通り抜ける速度を測定します。 骨粗鬆症と診断された場合は食事・運動療法に加え、薬物療法を行います。 1か月に1度飲むだけでいいビスフォスフォネート製剤が近年よく用いられています。

6)ヘリコバクターピロリ菌検査
 ヘリコバクターピロリ菌は人間の胃の中に住んでいる細菌で、胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍だけでなく胃癌にも関係があることが分かっています。 日本人は感染率が高く、60歳以上の約8割の人がピロリ菌に感染しています。胃癌が日本人に多いのもピロリ菌が高率に関与しています。 当院では最も早く簡単に検査できる尿中のピロリ抗体を測定するキットを導入しました。 やり方は尿を採るだけで、20分で結果が分かります。またいつの尿でも構いません。 ピロリ菌陽性と診断された場合は1週間、薬を飲むことによって90%以上の確立で除菌できます。 ただし除菌するには胃癌がないことが前提条件ですので、必ず胃カメラの検査が必要となります。

7)ウォーターベット
 頸部から足元まで移動する噴射ノズルからの強力で集中したジェット水流でカラダに心地よい刺激を与え、 全身と局部・部位別(頸部/肩部/背部/腰部/下肢)に最適なリラクゼーションをご提供します。 高齢者の方も乗り降りが簡単で、安心してご利用いただけます。

Copyright © 2015 平野病院へようこそ All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座